2017年もありがとうござました。

今年も残すところ、あと2日となりました。

皆さまにとって、

2017年はどのような一年でしたか?

 

Churieは、

穏やかで落ち着きのある一年でした。

 

アトリエを横浜山手に引っ越してから2年が過ぎ、

周りが閑静な住宅街ということもあるのか、

お客様ものんびりゆったりとしたお気持ちで

お越しくださるような気がします。

 

今年は数年ぶりにお会いできたお客様も多く、

以前とは異なる「好み」や「使い勝手の価値観」の変化など

今後の作品作りの参考になる貴重なご意見を頂くことができました。

 

新しいお客様からは、

クロッシェチェーン」が作り出す、

デコルテの美しさや手編みによるチェーンの存在感をお伝えすることで、

改めてクロッシェチェーンの魅力を再確認する機会をいただきました。

 

それとは対照的に

歳を重ねると

「ネックレスをする機会が減ってしまう」

というご意見もいただき、

 

正直申し上げると、

寂しい気持ちになっていたのですが、

 

先日、素敵なマダムを街で見かけ、

その気持ちは払拭されました。

 

そのマダムは、

少し脚がお悪いようで、杖をつかれて歩いていましたが、

背筋はピンと伸び、

仕立ての良いロング丈のニットジャケットに細身のパンツ、

首にはラフに巻かれた薄手のストール、

そして

胸元にセンスのよいロングネックレスが見え隠れしていました。

 

シンプルな装いでしたが、

個性のあるモチーフを取り入れたネックレスが加えられたことで、

お洒落さがぐっと際立ち、

「ネックレスの存在力」を感じる素敵なコーディネートでした!

 

シンプルな装いであればあるほど、

ネックレスを加えた方が、

「身嗜みを気遣う気持ち」が伝わり、

大人の女性としての魅力を表現できると確信しました。

 

こちらのマダムのように、

いつまでもネックレスを楽しむ女性が増えてくれるとことを願い、

また、

どのようにすれば、

ネックレスをいつまでも楽しめるかなど、

今後、お伝えしていきたいと思いました。

 

あるお客様が

「ChurieのネックレスをつけるためにYogaを始めました。」

と仰って下さったのです。

お洒落において「姿勢を美しく保つこと」は理想ですので、

お客様からのお言葉はとても嬉しかったです。

 

私自身も今年からYogaをはじめました。

想像していた以上に、

自分自身の身体について考えるようになり、

また、そのことによる心への影響も大きいと感じるようになりました。

 

ファッションは、

「歳を重ねるほど、内面が表現されるもの」

とよく言われますが、

本当にその通りだと思います。

 

私自身も自分の変化を感じ、受けとめながら、

ネックレスを楽しむ方法について

今後、皆様にご紹介できたらと思っています。

 

本年もありがとうございました。

みなさまも心穏やかに年末年始をお迎えできますように。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.